血圧を短期間で簡単に下げる方法

血圧を自分で短期間で下げる方法とは

高血圧の症状治す5つの習慣

●血圧を下げる習慣をつける一つ目
 自分の血圧が上がる時間帯を把握することです。
 そのためにまず、自分用に家庭用血圧計を購入することをお勧めします。

 

自分用の血圧計が手に入ったら、早朝、昼間、夜間の血圧を測定し、
いつの時間帯が危険な血圧かを把握することてす。

 

血圧を下げる習慣を身につけるために、例え血圧が正常でも、毎朝
家庭用血圧計で測定することです。

 

 

●血圧を下げる習慣を身につける二つ目
 夜は食事を摂ってから休憩、お風呂の順番が良い。

 

お酒は夕食の時だけ飲んでも良いが、はしご酒や深酒、寝酒は止めること。

 

食後は1時間程度休憩をとり、入浴、運動はしないこと。
入浴はゆったりと入り、行水も長風呂もしないこと、サウナも止める。

 

 

●血圧を下げる習慣を身につける三つ目
 薬が朝晩に効くように時間を逆算して飲むこと。

 

主治医の処方、指示通りにに血圧を下げる薬を飲むこと。
血圧と服薬の記録をとって、薬の効果を実感する。

 

記録を持って主治医に受診し、主治医に薬の効果を説明してもらう。

 

 

●血圧を下げる習慣を身につける四つ目
 寝起きは背伸びとごろ寝でゆっくりと起きる。

 

朝目が覚めても直ぐには起き上がらずに、まずは背伸びをすること。
洗顔や炊事などで体を冷やさないよう水温や服装で調節すること。

 

毎朝血圧測定を行い、異常がないか確認すること。

 

 

●血圧を下げる習慣を身につける五つ目
 朝ご飯のメニュー選びから減塩のスタート開始

 

自分の食事でいつもよく食べるもののおおよその塩分量を把握しておくこと。
塩分量を減らすための対策を3つ位決めて実行すること。

血圧を下げることはそんなに難しいことではない!

朝起きたときの血圧が高くないですか?
色々と食事に気を遣っているのだけれど、一向に血圧が下がらない。

 

高血圧の問題は、日本だけではなく、世界的な問題で、世界の成人の3人に1人が
高血圧だと言われています。

 

血圧を下げる方法が分からないとと言う人にも、我慢しないで、挫折なしで
血圧がスルスル下がる方法をお伝えします。

 

 

血圧を下げることはそんなに難しい事ではありません。
でも、その高血圧対策になかなか取り組めないでいる

 

あなたのために、簡単でずっと続けられる「簡単に血圧を下げる方法」
「高血圧対策」をお伝えします。

 

 

今まで、巷にあふれている、血圧を下げる方法などの情報では
なかなか続けられることがなかったかと思います。

 

続けた割には効果が無かったなど、あなたとの相性が悪かったのかも
知れませんか、ここでお伝えする方法は簡単に実践できて効果抜群

 

ですから、どうか安心してついてきてください。

 


【高血圧】薬も運動も不要、食事だけで血圧を下げる食事法。たったの3日でも血圧が下がっていきます。

 

毎日の食事、たかが食事ですが、高血圧の人にとっては、されど食事です。

 

下記に血圧を下げる食事の方法を書きましたが、要するに、減塩食を心がけることです。
塩分を減らせば必然と血圧は下がっていきます。

 

しかし、高血圧の人の中には、塩分が原因ではなく高血圧になっている人もいるので、自分でそれを見極めなくてはいけません。
それを、塩分非感受性といいますが、高血圧人口の半数以上にも上ります。

 

しかし、塩分は他の病気を起こす引き金にもなりますから、減塩に努めた方が賢明だと言われています。

 

あなたの食事をヘルシーに変える方法

●血圧を下げる食事その1

 

今では、日本の人口の約4千万人が血圧が高い、高血圧だと言われています。
と、言うことは、3人に1人が高血圧患者だということです。

 

高血圧患者の1日の目標塩分摂取量は、6グラムだと言われています。
血圧を下げるためには、どうしても塩分控えめの減塩食事が必要だと言われています。
そのためにまず最初は簡単ことからで、

 

【血圧を下げる食事その1】
1.ラーメンのスープを半分だけ残しましょう!
ラーメンの場合は、塩分量8.1gで、高血圧の人の目標の1日の塩分摂取量を遙かに
超えています。
スープをまるまる残すと5.5g減塩できますし、半分残すだけでも、3.5gの減塩となります。
まずは、1日1グラムの減塩から!

 

●血圧を下げる食事その2
【血圧を下げる食事その2】
2.おかずの具を大きくすると血圧が下がる!
おかずの具を大きくすると、食べるのに時間がかかり、食べる時間が遅くなる。
そのため、早くに満腹中枢が刺激され、食べ過ぎを防ぐことができます。

 

●血圧をさげる食事その3
【血圧をさげる食事その3】
3.醤油さし替えて楽々の減塩対策!
醤油さしでも探せば、霧状に吹きかけるタイプのものがあり減塩対策に有効です。

 

 

●血圧を下げる食事その4
【血圧を下げる食事その4】
4.調味料を廃棄処分にするだけで、塩分半分に
いまある食卓の上の調味料を廃棄処分し、減塩タイプの調味料に替えるだけで、血圧下げる対策に!

 

 

●血圧を下げる食事その5
【血圧を下げる食事その5】
5.薬味、と柑橘系を活用すれば減塩できて更にメチャウマ
香味野菜やショウガ、ニンニク、柑橘類、大根おろし、ゴマなどの薬味を使って、血圧下げる減塩対策。

 

●血圧を下げる食事その6
【血圧を下げる食事その6】
6.食器の大きさを変えるだけで楽ちん血圧下げる
肥満の人の高血圧の発症率は、そうで無い人の約3倍で、減塩だけで無く食べ過ぎを戒め、低脂肪化、低カロリーに。そのため、今までよりも一回り小さめの食器に交換しましょう。

 

●血圧を下げる食事その7
【血圧を下げる食事その7】
7.肉は駄目じゃ無い、しゃぶしゃぶで血圧下げる
動物性脂肪の摂りすぎはコレステロールを増やし動脈硬化の原因になることもあるが、肉の部位を選び野菜類とバランスよく食べること。

 

●血圧を下げる食事その8
【血圧を下げる食事その8】
8.イカ、タコ、エビ、貝類で血圧を下げる
イカ、タコ、エビ、貝類はコレステロールが高くなるどころか逆に下がり、動脈硬化防止及び高血圧を下げる働きをします。

 

●血圧を下げる食事その9
【血圧を下げる食事その9】
9.大豆製品は血圧を下げる効果だ大
1日に1回は大豆製品を食べることが非常に血圧に良いです。
出来れば冷蔵庫に常備しておきましよう。

 

大豆レシチンは悪玉コレステロールを下げ、善玉コレステロールを上げてくれる働きがありますし、苦み成分の「サポニン」は
脂質の酸化を防ぎ高血圧や動脈硬化の予防に非常に効果があります。

 

 

●血圧を下げる食事その10
【血圧を下げる食事その10】
10.朝バナナは最高の時短食で降圧食事
朝は忙しくてなかなか食事を摂っている時間がないと言う方が多いのですが、そこで朝食にバナナを食べると適当なカロリーがあり
血圧を下げる効果もありますから、お勧めです。
バナナには、カリウムが多く含まれていて、100グラム中350ミリグラムで塩分を排出する効果が絶大です。
これは、リンゴやミカンの2倍〜3倍の成分量です。

 

 

●血圧を下げる食事その11
【血圧を下げる食事その11】
11.味噌汁は、半分残すのが血圧下げるための常識
食事は残さず食べなさいが昔からの教えでしたが、高血圧患者には通用しません。
漬け物は出来るだけ食べない、魚の皮は残す、味噌汁は半分残すことは血圧を下げるためには
非常に大事です。
和食は、「お残し」が出来ればかなり減塩効果が高く、血圧を下げるためには非常に有効な手段です。

 

 

●血圧を下げる食事その12
【血圧を下げる食事その12】
12.カリウムの多い、アボカドやリンゴを意識的に摂る
フルーツはどれもビタミンCが豊富くらいな知識しか持ち合わせていませんが、血圧を下げるための塩分を
排出する効果のあるカリウムを多量に含むフルーツがあります。
カリウムを多く含む「4大降圧フルーツ」は、アボカド、バナナ、メロン、リンゴの順で血圧を下げる効果が非常にあります。

 

 

●血圧下げる食事その13
【血圧下げる食事その13】
13.お酒はビールのロング缶1本まで
お酒はなるべく避けなければいけないのですが、酒は百薬の長なんて言われていますから、上手に利用すれば
問題ないでしょう。
飲酒で心がリラックスできますし、善玉コレステロール(HDL)を増やすことが出来ますから。

 

 

どれだけ減塩しても、塩分を減らしてみても血圧が下がらない人は、こんな方法もあり、今かなり画期的と言われている
ストレッチで身体を柔らかくして血圧を下げる方法なんかもありますね。

 

身体の柔らかい人は血圧が低い人が多いということです。
血圧が高いと言われている人って、大体が身体が硬いのです。

 

それに、身体の柔らかい力士、股割して身体を柔軟にしている力士、
しかしあれだけ肥えている相撲取りに、高血圧患者が全くいないということです。

 

もし、力士に高血圧患者がいれば大変ですからね。
相撲どころじゃありません。相撲を取っている間に倒れてしまいますからね。

 

 

ということは、血圧を下げるためには、塩分控えめ、身体を柔軟にということでしょうか。